次回公演:「女の一生」 森本薫の初稿版完全上演

お知らせ
日本文学報国会による委嘱作品

「女の一生」
―戦時下の初校版完全上演―

作:森本薫 演出:川口典成
2019/11/6-10 @上野ストアハウス
生まれてすぐに母を失い、戦争で父を亡くした一人の少女――布引けい。時代の波に乗って一時代を築く貿易商の一家へと流れ着いた彼女は、持ち前の明るさと好奇心の強さで、変わり行く時代のなかを育ち、みごとに生きて行く。「誰が選んでくれたのでもない、⾃分で選んで歩きだした道ですもの。間違いと知ったら⾃分で間違いでないようにしなくちゃ」この名ぜりふに込められたニッポンの精神は、いったい何を焚きつけ、そして何を忘却させてきたのだろうか。
戦時下の国策プロパガンダ組織である日本文学報国会による委嘱作品――1945年4月に空襲のさなかに上演された――森本薫『女の一生』初稿版の上演を通して、現在のニッポンの姿をあぶり出す意欲作。
ドナルカ・パッカーンブログ
(『女の一生』についての情報を随時投稿しています)
『女の一生』稽古場&インタビュー映像
公演写真をnoteに掲載しました!

【日時】
11月6日(水) 18:30
11月7日(木) 18:30
11月8日(金) 13:00/18:30
11月9日(土) 13:00
11月10日(日) 13:00
【チケット料金】全席自由
<発売日>2019/09/01
前売り:4,300円
事前予約/当日:4,800円
演劇パス(前売り[クレジット精算]):https://engeki.jp/pass/events/detail/639
カルテット(前売り[銀行振込]/事前予約):https://www.quartet-online.net/ticket/dwhuh2d
※現在、前売り券の場合は、演劇パスにてクレジット精算をお願いいたします。
※現在、カルテットのシステムでは事前予約のみ受け付けております。カルテットにアクセスできない場合は、メール・電話でお申し込み下さい。
【出演】
内田里美、丸尾聡、田辺誠二、鈴木ユースケ、岩崎聡子、川邊史也[劇団銅鑼]、平田朝音[劇団俳優座]、海老沢栄(人形遣い)、鎌内聡、篠崎旗江、辻村優子、宇治部莉菜、城田彩乃、大原富如[ユトサトリ。]
【スタッフ】
美術:アセファル・アーキテクチャ、照明:榊美香(有限会社アイズ)、制作協力:日ヶ久保香、宣伝美術:片山中蔵、協力:劇団俳優座、劇団銅鑼、ダブルフォックス、ワンダー・プロ、演劇ネットワーク@丸尾、ゆーりんプロ、株式会社MC企画、ユトサトリ。主宰:ドナルカ・パッカーン
※朝日新聞10月31日夕刊に公演記事が掲載されました→朝日新聞DIGITAL

 

 

 

第4回公演 太宰治『春の枯葉』2019

お知らせ上演作品

ドナルカ・パッカーンニッポンの敗残者たちへ vol.1

明治維新150年の2018年、ニッポンのモダンというメッキはボロボロと剥がれている。
まずは、敗戦1年後の太宰の「嘆き」を、「嘆き尽くす」ところから始めよう。

「永い冬の間、昼も夜も、雪の下積になって我慢して、いったい何を待っていたのだろう」

『春の枯葉』

作:太宰治
演出:川口典成
(ピーチャム・カンパニー)

日時・場所

日時:

7月12日(木) 20:00 
7月13日(金) 14:00  20:00 
7月14日(土) 14:00  19:00 
7月15日(日) 14:00 
7月16日(祝) 14:00
受付開始・当日券販売は開演の40分前、開場は開演の20分前

会場:

プロト・シアター(東京都新宿区高田馬場3丁目38−3) 
高田馬場駅より徒歩約13分・下落合駅より徒歩約7分
http://prototheater.la.coocan.jp/

料金:

事前予約 3000円
当日券:3500円
(全席自由・日時指定)

前売開始 2018年6月2日(土)10:00〜

出演:

田辺誠二(ダブルフォックス)、内田里美

鈴木ユースケ(ゆーりんプロ)、三浦小季、

平田朝音(劇団俳優座)

チケット取り扱い:

前売開始 2018年6月2日(土)10:00〜
チケット予約ページ https://www.quartet-online.net/ticket/bqtcjca
Eメール  donalca.packhan@gmail.com
TEL   090-1016-7092
※ メール・お電話の場合、お名前、ご来場回、枚数をお伝えください。
折り返しご連絡させていただきます。

『春の枯葉』とは:

昭和21年に発表された太宰治の戯曲。
戦後の津軽半島を舞台に、国民学校教師である野中彌⼀とその妻、義母、若い同僚と彼の妹らが、
当時の社会情勢や地元の因習などの重圧に苦悩し、嘆き、そして決別し、あるいは沈み込む様を、
雪の下に堆積して翌春に再び顔を出す「春の枯葉」になぞらえて描く。

ドナルカ・パッカーンとは:

 来るべき民主主義社会において求められる、
構成員相互における健全な敵対性を涵養していくために、
演劇的力能を最大限に行使し、同質性とは別の「異質の演劇」を志向する、
ピーチャム・カンパニーの川口典成が立ち上げた演劇実験場のこと。
現在は、日本における演劇と戦争の蜜月にあった「歓び」を探求している。

<終演しました>川口典成演出「ザ・モニュメント 記念碑」のお知らせ

お知らせ

コリーン・ワグナー作「ザ・モニュメント 記念碑」は、カナダで最も権威ある文学賞である総督文学賞を受賞、1995年の初演以来、カナダはもちろん、アメリカ、イギリスなど様々な国、地域で上演されている衝撃作です。
2014年、演出家と俳優のみの、最小限の人員で挑んだ日本初上演は、シンプルな舞台上で俳優二人が作り出す緊張感のあるドラマが好評を呼びました。
4年ぶりとなる再演では、東京に加え、大阪、沖縄を廻る国内3箇所ツアーを敢行します!
小空間に火花散らす極限の演技バトルと、いまを生きる私達を取り巻く現実が緊迫し、発熱する。
更なる進化を遂げた「ザ・モニュメント 記念碑」をお見逃しなく!

<WEB>http://themonument14.webnode.jp/

脱呪術化を行う場としての演劇 ——「マガイモノの生の意味」に抗って

エッセイ・論考

【要約】

私が考える演劇とは、現代社会において特徴的な「マガイモノの生の意味」の備給に対抗しうる、社会システムの分析を含み込んだ脱呪術化の芸術である。演劇は、本来的に呪術・宗教と芸術の緊張関係のただなかに存在する芸能であり、ギリシア悲劇以来つちかわれてきた「構造的運命と人間的主体性の相克」という視座を提供しうる。これは、生権力的社会システムからの安易な「生の意味」の供給に対するすぐれたオルタナティヴかつカウンターとなる。

【本文】

演劇は、常に儀礼(ritual)めく。もちろん、演劇の発祥が儀式(ritual)に求められるからである。神話学者のジェーン・エレン・ハリソン『古代芸術と祭式』によれば、「その初めにおいては同じ一つの衝動が人を教会に向かわせ劇場に向かわせるのである」という。「同じ一つの衝動」とは、「希求する対象もしくは行為を表現すること、造ること、行うこと、もしくは増幅することによって、胸中に強く感じられている感動または願望を吐露し発表しようとする意欲」であるとし、「情緒要素こそ実に芸術と祭式とをその初めにおいてほとんど区別不能ならしめているものである」とする。だが、ハリソンが言わんとしていることは宗教的祭事・儀礼と芸術との親近性にとどまらず、その分離に重要な論点がある。「その初めおいて」同じである芸術と祭式は、分かたれる。祭式(ritual)からの脱却によって芸術が生まれるのである。このハリソンの論を、『古代芸術と祭式』においてもたびたび言及されるフレイザー『金枝篇』と比較してみると、芸術とは、祭式(ritual)からの「脱呪術化」と関連付けられることがわかる。『金枝篇』から引用すれば、「呪術の本来の誤謬と無効化についての遅々たる認識は、人類のより思索的な一部のものたちをしてより真実な宇宙観を抱かしめ、資源の獲得に関するより効果的な方法を案出せしめたことを私は示唆したい」とフレイザーが言うように、呪術的思考に支配された集団からの「思索的な一部のものたち」の離脱、それによる演劇あるいは芸術の誕生(もちろんここでの「思索的な一部のものたち」という言葉遣いが、マリノフスキーが指摘するようにフレイザーの進化論的思考を反映しているとはいえるが、私はマリノフスキーによるフレイザーへの批判は、的確ではないと考えている。その理由については長くなるので割愛する)。

私の演劇観は以上のような論考から導き出されたもので、演劇とは「個人・社会・世界を<外>がわから見続けようとする営み」だと思っている。集団における「呪術的思考」から逃れ続け、あるいは意識し続けようとする行為として演劇がある。であるからして、ニーチェがいうような、分断された個人が熱狂のさなかに合一的な一体感を得る場としての演劇、まさにそれだけを目的とした「演劇」を、私は「演劇」とは考えない。もちろん、演劇が「祭式」との原初的つながりを持つ以上、「集団的熱狂」とのつながりは否定できない。だが、そこからの離脱とそれへの警戒こそが、求められるというべきではないか。

では、なぜ私は現代的世界のなかで「呪術的思考」からの離脱としての演劇を目指すのだろうか。「呪術的思考」などもう古く、私たち現代人にはまったく関係がない事実であり、雨乞いなどしないし、処女を犠牲にもささげない、そのような問題はとっくの昔に解決済みではないか。そのような批判もあるだろう。だが、果たしてそうだろうか。

マックス・ウェーバーは『職業としての学問』のなかで、近代的学問は「脱呪術化」「魔術からの解放」であり、「真なる存在」への道は失われている、と述べた。であるから、「生の意味」を学問に求めることなどできない。「生の意味」を求める者は、キリスト教へと戻り、学問をあきらめるべきだと。これは、ドイツにおける第一次世界大戦末期の講演記録であり、敗戦の可能性が濃厚ななか、ドイツの若者たちが、頼るべき価値や存在を求め始めたことへの警戒としてある。わたしはひとまず、このウェーバーの警告は聞くに値する言葉であると思っている。この言葉は、「呪術的思考」へと立ち戻る「再呪術化」への警告であると同時に、「近代的学問」は連綿として続く「呪術的思考」を「脱呪術化」していく目的を持つことを確認するものであろう。では、もう一度問おう。「呪術」とはなにか。フレイザーによればたとえば「呪術」と「科学」のあいだに違いはない。なぜなら、「呪術」も「科学」もともに、「自然の運行は非伸縮的であり不可変的であって、脅迫と威嚇によっても、説得と懇願によっても転向せしめることの不可能を予想するのである」からである。それでは、それらを統合する意味での「呪術」とは、世界は「不可変」であることを前提としたシステムのことであり、「不可変」であるということはそのシステムのなかで「自足」しているということではないだろうか。それは、システムの外を想像しないことであり、システムからの解放を見ないことだろう。私はここで、素朴なロマン主義を想定しているわけでない。「外」の存在をナイーブに信じているわけではない。だから、「呪術からの離脱」を行うためには、<外>を想定することではなく、「呪術」置き換えれば、「不可変」なシステムを克明に分析すること、そしてその「不可変」であることが招くこととなる「運命」を描き、その「運命」について考える場を開くこと。それが演劇に他ならない。だからこそギリシア悲劇は「運命」を描き、その「運命」の犠牲者を描いたのだ。これは、その「運命」を甘受するためではなく、「運命」を見つめ、分析するためである。

さらにウェーバーは「本当の教員なら、教壇の上から聴講者に向かってある立場を明示的にも暗示的にも押しつけることがないように用心するでしょう。なぜなら、『事実をして語らしめるふり』をしてある立場を示すことは、言うまでもなく最も不誠実なやり方」とも述べている(この箇所について、現在出版されている日本語訳は全て反対の意味に誤訳しているが、これについてもここで詳細には立ち入らない)。だが、ドイツにおける第一次世界大戦末期の状況とは違う。ウェーバーは「真なる価値」がない状況、つまり神の喪失に耐えろと要求した。「マガイモノの神」に、「代替宗教」へと人々が扇動されないように。現状はどうだろう。演劇にしてもテレビドラマにしても、「生きる価値」を供給するドラマであふれている。「生」への肯定ばかりだ。だが、それは、システムへの分析ぬきに行われており、「生権力」への反抗の姿勢は見られないものがほとんどである。人々は「生きる意義」のない「生」に耐えられない。そう人々もニヒリスティックに理解しているかのように。そうであるなら、「マガイモノの生きる価値」を脱呪術化し、さらには、その「価値」をめぐって「価値の闘争」を行う場として演劇を想定することこそ行うべきではないか。「絶対的な権力」を目指すわけでもなく、「勝ち負け」を競うわけでもない「価値の闘争」を。そうでなければ、「生権力」のまえに無力を露呈し、意気阻喪して生きる「生者」になるしかないだろう。

(2013年8月)

第3回公演 森本薫「ますらをの伴」

上演作品

日時・場所 上演写真 上演意図

ドナルカ・パッカーン第3回公演

戦争批判でも、戦後批判でもない。
戦争そのものの演劇。
平成の戦争翼賛演劇がここに始まる。

『ますらをの伴』

作 :森本薫

演出 :川口典成(ピーチャム・カンパニー)

上演写真


日時・場所

日時

7月

6日(木) 20時から
7日(金) 14時から 20時から
8日(土) 14時から 18時から
(18時からの回ポストパフォーマンストークあり)
9日(日) 14時から

会場

SANAIZAKA STUDIO(左内坂スタジオ)
(東京都新宿区市谷左内町28)

料金

事前予約 2500円
当日 3000円(全席自由・日時指定)

出演

田辺誠二、河村啓史
鈴木ユースケ、恩田匠
荻野哲矢

チケット取り扱い・問い合わせ

チケット予約ページ https://www.quartet-online.net/ticket/masurawo
 WEB   https://donalcapackhan.wordpress.com/
 Eメール  donalca.packhan@gmail.com TEL   090-1016-7092

辻田真佐憲氏のプロフィール

(7月8日18時開演の回のトークゲスト)

1984年、大阪府生まれ。作家・近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。
現在、政治と文化芸術の関係を主な執筆テーマとしている。
著書に『文部省の研究』(文春新書)、
『大本営発表』『ふしぎな君が代』『日本の軍歌』(以上、幻冬舎新書)、
『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)などがある。

<ドナルカ・パッカーンとは>

来るべき民主主義社会において求められる、
構成員相互における健全な敵対性を涵養していくために、
演劇的力能を最大限に行使し、同質性とは別の「異質の演劇」を志向する、
ピーチャム・カンパニーの川口典成が立ち上げた演劇実験場のこと。

<上演に際して>

ニッポン人へ

うしほ波 ながるるきわみ すめ国と

思いてゆかね ますらをの伴

昭和一八年一〇月一日、内閣総理大臣であり陸軍大臣である東条英機は在学徴集延期臨時特例を公布する。それまで大学などに所属する学生は二六歳まで徴兵は免れていたが、その猶予を撤廃するものだ。いわゆる学徒出陣である。同月二一日、明治神宮外苑競技場にて学徒出陣壮行会が開催される。冒頭に掲げた歌は、東条英機首相による訓示に登場する、学徒たちに捧げられた一編の歌だ。現代語訳すれば、「大海原の果てまで天皇の国と思って行って来い、立派な男である我ら同士よ」というあたりであろうか。

劇作家である森本薫はその壮行会の直後にラジオドラマを執筆した。それが『ますらをの伴』である。舞台を学生たちの寄宿舎に設定し、学徒出陣してゆくものたちとそれを見送るものたちとのほんの一時間にも満たない小編であるのだが、このテキストのなかには戦争を下支えする、つまりは「銃後の精神」の論理と情動が、見事に凝縮され描写されているのだ。私はこのテキストを、躊躇うことなく「傑作」と呼ぶ。ここには少なくとも森本薫という人物とそれを取り囲む共同体の政治性との一体化があり、その結び付きを決定的なものにしているのは、与えられた状況を、「誰が選んでくれたのでもない、自分で選んで歩き出した道」(『女の一生』)とする森本の精神である。

『ますらをの伴』は真正の戦争翼賛のテキストである。

その論理と情動を呼吸するために、批判や批評、距離化やコメント的態度は一切が排除される。

そしてこの舞台上演は、平成の戦争翼賛演劇となる。

ドナルカ・パッカーン

第2回公演 太宰治「春の枯葉」

上演作品

ドナルカ・パッカーン第二回公演
『春の枯葉』

作 太宰治

演出 川口典成(ピーチャム・カンパニー)

2016年6月9日(木)〜6月12日(日)

6月
9日(木) 20時開演
10日(金) 14時開演/20時開演
11日(土) 14時開演/19時開演
12日(日) 14時開演
(受付開始・当日券販売は開演の40分前、開場は開演の20分前)
会場 plan-B(中野富士見町)

料金
前売り 2500円
当日  3000円

春の枯葉表

 

裏4

出演

田辺誠二、日野加奈愛、鈴木ユースケ、岩崎メリー

空間デザイン/アセファル・アーキテクチャー
主催/ドナルカ・パッカーン
協力/
ピーチャム・カンパニー
ダブルフォックス、ゆーりんプロ

チケット取り扱い
ドナルカ・パッカーン
WEB   https://donalcapackhan.wordpress.com/
Eメール  donalca.packhan@gmail.com
チケット予約  https://www.quartet-online.net/ticket/harunokareha

※ メール・お電話の場合、①お名前、②ご来場回、③枚数、④ご連絡先をご明記ください。折り返しご連絡させていただきます。

春の枯葉/
1946年に発表された太宰治の戯曲。戦後の津軽を舞台に、国民学校教師である野中彌⼀とその妻、義⺟、若い同僚と彼の妹らが、当時の社会情勢や地元の因習などの重圧に苦悩し、懸命に⽣活していこうとする様を、雪の下に堆積して翌春に再び顔を出す「春の枯葉」になぞらえて描く。

ドナルカ・パッカーン/
来るべき民主主義社会において求められる構成員相互における健全な敵対性を涵養していくために、演劇的⼒能を最大限に⾏使し、同質性とは別の「異質の演劇」を志向する、ピーチャム・カンパニーの川⼝典成が⽴ち上げた演劇実験場のこと。現在は、⽇本演劇における「戦争」を⾒つめ直すため、⽇本近代戯曲の再考・再表象を企画する。

第1回公演 平田オリザ「暗愚小傳」

上演作品

J-Theater日本人作家シリーズ参加作品

ドナルカ・パッカーン
『暗愚小傳』

作 平田オリザ

演出 川口典成(ピーチャム・カンパニー)

2015年10月29日(木)〜10月31日(土)

10月
29日(木) 19時開演
30日(金) 15時開演/19時開演

31日(土) 13時開演
(受付開始・当日券販売は開演の60分前、開場は開演の30分前)
会場 下北沢「劇」小劇場(本多劇場グループ)

料金
前売り 3000円
当日 3300円

received_1004272012970778

出演

(五十音順)
浅井慎太郎、恩田匠、金崎敬江、河村啓史、篠崎旗江、新宮あかり、田辺誠二、比田幸穂、日野加奈愛、松本力、三浦小季、山田零

美術/アセファル・アーキテクチャー
主催/ドナルカ・パッカーン
協力/
本多劇場グループ
ピーチャム・カンパニー
JTBエンタテインメントアカデミー

錦鯉タッタ
制作/高岩明良(smimal)
「日本人作家シリーズ」プロデューサー/小林拓生

チケット取り扱い
ドナルカ・パッカーン
WEB   https://donalcapackhan.wordpress.com/
Eメール  donalca.packhan@gmail.com

J-Theater
info.jtheater@gmail.com

※ メール・お電話の場合、①お名前、②ご来場回、③枚数、④ご連絡先をご明記ください。折り返しご連絡させていただきます。

◎挨拶文

ニッポン人へ

高村光太郎の『暗愚小伝』を読んだとき、こう呟いたのを私は記憶している。――土下座して自由を出迎えた。自由は天から降って来た――

光太郎が戦後に書いた「暗愚小伝」という詩がある。太平洋戦争中、日本文学報国会に参加し、戦争賛美詩を発表し続けた光太郎が、そういった姿勢がどこから生まれて来たのか、その精神がどこから発生してきたのか、岩手県に籠って、詩に書き記したものです。この初めの詩が強烈です。「憲法発布(土下座)」と書かれた詩は、今にも続くような、多くの日本人の憲法認識を喝破しているように思われます。

憲法発布を記念して(憲法発布の翌日ですが)、天皇がやってくる。六歳の光太郎は上野公園に物見遊山、行列の最前へと行く。そして、やってくる天皇をなにげなくみようとすると、だれかに頭をおさえつけられ、だれかが言った。「眼がつぶれるぞ」

光太郎は「なぜ戦争詩を書いたのか」という問題を、この憲法発布時の一出来事から考えているのです。日本において、憲法は、そしてそこに書き込まれている自由は、天から降ってきた。しかも、国民は土下座をしてそれを有難がる。そう、国民の意思などそこにはない。自らが関わる、そして関わってしまっている様々な制度やシステムについて、自らの責任をもって判断・決定しなければならないという、息苦しいほどの近代的主体意識といったものはどこにも見当たらない。光太郎の苛烈なる自省の精神史は、おそろしいところから始まります。

高村光太郎のこういった精神史の表面を、「日常的風景」としてスケッチした平田オリザ氏の戯曲『暗愚小傳』。その上演を通じて、わたしたちの「自由」について考えたい。「日常的風景」の表面を、ただの表面として磨き上げる。そのときにこそ、忘却された精神史と、亡霊たちが、舞台上に引きだされ、あるいは憑りつくだろう。わたしたちはその舞台を眼差し、闘争しなければならない。

ドナルカ・パッカーン

◎ドナルカ・パッカーンとは

来るべき民主主義社会において求められる、構成員相互における健全な敵対性を涵養していくために、演劇的力能を最大限に行使し、同質性とは別の「異質の演劇」を志向する、ピーチャム・カンパニーの川口典成が立ち上げた演劇実験場のこと。